本文へ移動

沿革・品質方針

沿革

1973年(S48)10月
寝屋川にて高周波焼入器の製造販売を始める。
1976年(S51)9月
中浦和弘が代表取締役に就任し、高周波焼入受託加工を始める。
1978年(S53)3月
大東市氷野3丁目16番25号に移転する。
2000年(H12)6月
中浦和弘より引継ぎ、岡田英光が代表取締役に就任する
2002年(H14)4月
工場を(198平方メートル)拡張し、延べ工場面積(528平方メートル)とする。
2004年(H16)7月
ダイハツ工業株式会社殿よりB級からA級認定工場に昇級。
2007年(H19)2月
高周波誘導加熱装置100Kw-80KHz導入
2008年(H20)6月
高周波誘導加熱装置200Kw-20KHz導入
2009年(H21)8月
ISO9001:2000認証取得
2010年(H22)2月
株式会社クボタ熱処理認定取得
2010年(H22)8月
ISO9001 2008更新する。
2010年(H22)8月
三菱重工業株式会社 熱処理工場認定取得
2012年(H24)12月
第2工場(自動機モデル工場)稼動
2015年(H27)8月
大阪ものづくり優良企業賞2015『匠』取得
2017年(H29)10月
株式会社クボタ熱処理認定S取得認定ランクUP
2018年(H30)6月
岡田英光より引継ぎ、岡田正義が代表取締役に就任する。
2018年(H30)8月
ISO9001 2015取得更新 ※御領工場含む

品質方針

1.品質マネジメントシステムの要求事項を満たし、その有効性を継続的に改善し、顧客の満足度を向上させていく。
 
2.顧客の期待に応えて、最適な品質を提供する。
 
3.品質目標を設定し定期的な見直しを行い、各部門での活動を徹底する。
 
4.常に検証し、常に見直し、継続的改善に積極的に取り組む。

登録認定

登録組織
株式会社 熱 研
■住所■大阪府大東市氷野3丁目16番25号 
取得月日
2009年8月6日
更 新 日
2018年8月6日
有効期限
2021年8月5日
適用規格
ISO9001:2015/JISQ9001:2015
登録番号
4081
登録範囲
金属熱処理加工(含む熱処理技術の設計・開発)
登録範囲範囲に含まれる他の事業所
御領工場:大阪府大東市御領3丁目10-23
【金属熱処理加工(含む熱処理技術の設計・開発)】
審査機関
日本検査キューエイ株式会社

熱処理加工認定工場

熱処理認定書
熱処理認定書
◎ダイハツ工業株式会社
◎三菱自動車工業株式会社
◎株式会社クボタ【S】認定
◎三菱重工業株式会社》

熱処理技能士

熱処理技能士 ※国家技能検定に挑戦しています。

技能検定合格証書
技能検定合格証書(金属熱処理)
金属熱処理技能士(高周波焼入れ作業)
      特級・・3
      1級・・6名
      2級・・5名  
      3級・・3名
       合計17名 
技能検定合格証書(組織判定)
技能検定合格証書(組織判定)
金属材料試験技能士(組織試験作業)
      1級・・4名
      2級・・2名
       合計 6名
 
 
 
非破壊試験技術士・・1名
2019年6月 現在

作業管理システム

株式会社熱研オリジナルの作業管理システムを活用し、
作業の標準化を実施することで
「誰がやっても出来る」安定した品質が出来る仕組みになっています。
・作業指示書の発行(標準化)
 ※作業条件を標準化のデータで管理
 ※検査成績書のデータ管理
  ・紙媒体とデータ管理の徹底(保管期間11年~)
   お客様により保管期間が異なります。
・納期管理(小ロット多品種対応)
 ※在庫管理一覧表で確認
TOPへ戻る