本文へ移動

事業内容

たちは、お客様からお預かりした金属製品全体ではなく
必要な部分急加熱急冷却を実施することにより金属を硬化させ
耐磨耗性耐疲れ性靭性
向上させるために高周波焼入れ加工を実施し要求される品質に調整して
お客様のもとへお届けするのが目的であります。
まさに金属のジムトレーナー®す。
 
     ●金属のジムトレーナーの説明です。
      人に例えた場合、からだ(金属製品)の鍛えたい部位(必要な部分)を、
      トレーニングマシーン(高周波誘導加熱装置)でパーソナルトレーナー(職人)の指導(技術)による、
      トレーニングメニュー(熱処理条件)でボディー(製品)を鍛えることから、
      私たちの仕事は まさに「金属のジムトレーナー」です。
      そうです 金属を鍛える仕事 をしています。

高周波焼入れとは…

高周波焼入れ説明 株式会社熱研

高周波焼入れの特長と利点

【よりよい製品製造のために日々熱を操り研鑽しています】

ピン 株式会社熱研
 
高周波誘導加熱による焼入加工は一般に以下のような特長を持っています。
・局部加熱ができ、焼入れ条件の調整が容易です。
・短時間に加熱ができるため酸化、脱炭が少ない。
・他の焼入れ方法に比べて、焼入れ歪が少ないです。
・表面硬さが高く、優れた耐摩耗性を得られる。
・硬化層の深さの選定も比較的容易
・自動化が容易で機械加工ラインへの組み入れも可能です。
・急熱、急冷のため表面に大きな圧縮残留応力が生じ、耐摩耗性
 のみならず耐疲労性も向上する。

取扱製品

自動車産業部品

プレート 株式会社熱研
自動車部品の高周波焼入れ

●エンジン部品(ボルトピボット・アジャスティングボルトなど)

月ロットMAX40万個の生産能力(平均16万個)

●トルコン関連部品(リベット・プレート等) 

※平均16万個/月産

●ステアリング部品・足回り部品・その他部品

月ロット1,00010万個の生産能力

◇ メーカ認定取得 

  走る・曲がる・止まるの重要保安部品が取扱いできます。

農機具部品

フォークロッド 株式会社熱研

●フォークロッド、シャフト類、ピン、レバー、レールなど

   ※1個~1,000個

   ※小ロット多品種

   ※φ12~φ45、全長100㎜~500㎜

 

●シャフトや軸製品のひずみ矯正も行います。

   ※社内規格 0.11mm以下 目標:0.05mm以下

 

◇株式会社クボタ殿【S】熱処理認定工場 重要部品の取り扱いが可能です。

 

一般産業機械部品

ロール軸高周波焼入れ 株式会社熱研

●軸類(クランク・カム)、板カム、溝カム、ウォーム軸など

●車輪、ギヤ、ローラ、ロールなど

   ※小ロット1個からでも処理可能
   ※ΦMAX500㎜まで

   (Φ300㎜のギヤ・カム等あり)

   ※長さMAX1,200㎜まで(レール・軸等)

 

『難しい製品』処理が可能かお気軽に問い合わせください。

誘導加熱コイル及び冶工具の設計製作

誘導加熱コイル 株式会社熱研
四半世紀の熱処理技術の蓄積により、3千個以上の高周波処理に必要な
誘導加熱コイルや冶工具を社内で製作しています。
あらゆる製品に迅速対応できるように自社で冶工具を設計製作し
最適な処理方法を提案実施します。
 
※他社のコイル破損・変形等の修理依頼相談も当社で対応したします。
 まずは相談ください。

歪矯正 【後工程を考えて最小限へ】

歪矯正 株式会社熱研

歪矯正は、後工程のこと考えて最小限にすることを目的としています。

熱処理(高周波焼入れ処理)を行うと圧縮応力が発生し歪が発生します。

特に表面積が広い方に歪が発生します。※詳細は問い合わせください。

当社の社内規格は0.11mm以下を規格とし

目標0.05mm以下を創業当初より目標としてきました。

●フォークロッド、シャフト類

   0.05mm以下目標 ※φ12~φ18 長100㎜~500㎜

●ウォーム軸類

   ※0.08mm以下目標

●レール・プレート類

   0.2mm~0.1mm(目標0.1mm以下)

 

※歪のことでお困りの場合、まず連絡ください。

 

焼戻しによる着色サンプル(テンパカラー)

焼き戻しテンパカラー 株式会社熱研
●焼戻しとは
焼入れした製品の強烈なストレスをほぐすイメージで、製品の割れを
防ぐための工程です。
※図面指定硬度(硬さ)を焼戻し温度で調整してお客様の求める硬さにします。
●テンパカラーとは
金属には固定の色があり、表面からの光によって生じるもので、焼き戻しをすると
左の写真のように温度によって変化していきます。これをテンパカラーと言います。
※当社は製品全体に温度を保持するため、温度によりテンパカラーが発生します。
TOPへ戻る